東京フルトヴェングラー研究会管弦楽団

一般 オーケストラ

東京フルトヴェングラー研究会管弦楽団の楽団紹介

東京フルトヴェングラー研究会管弦楽団:東京フルトヴェングラー研究会の演奏実践部門として1995年に設立。その活動は新聞、放送、雑誌に度々取り上げられている。フルトヴェングラーの作曲では「ラルゴ」ロ短調(1995)、序曲変ホ長調(1997)、祝典序曲ヘ長調(1998 世界初演)、テデウム(2004)、交響曲第3番(2006)の日本初演を行う。ブルックナーの交響曲にも、シャルク改訂の第5交響曲を日本初演するなど、主要交響曲の演奏に積極的に取り組んでいる。2001年にはドイツ・イエナ市におけるフルトヴェングラー学会のオープニングコンサートに招待され、フルトヴェングラーの「ラルゴ」とシューベルトの「未完成」をフルトヴェングラーの遺族の前で演奏した。年間3回の定期演奏会を開催しており、フルトヴェングラーの精神に迫らんとする演奏活動を繰り広げている。
(ご一緒に本当に感動できる音楽をしませんか? 当オケは随時メンバーを募集しており、特に弦楽器とオーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンを求めます。ご興味おありの方には詳しくご説明しますので当研究会までお気軽にお問い合わせ下さい。)

野口 剛夫(指揮):中央大学大学院(哲学)、桐朋学園大学研究科(音楽学)を修了。作曲理論を別宮貞雄氏に師事。多方面の活動は、NHKニュースや朝日新聞『ひと』欄などで紹介される。現在、東京フルトヴェングラー研究会代表。監修書に『フルトヴェングラー歌曲集』(音と言葉社)など、訳書にシェンカー著『ベートーヴェン 第5交響曲の分析』、フィッシャー=ディースカウ『フルトヴェングラーと私』(音楽之友社)など、作曲に交響詩《神代の調べ》などがある。指揮のCDは㈱キング・インターナショナルよりリリース。論説「“全聾の天才作曲家”佐村河内守は本物か」(『新潮45』2013年11月号)が、事件発覚前に虚偽性を突き止めていたと大きな反響を呼び、2014年の第20回「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」作品賞を受賞。 

主な活動地域

東京都|文京区

訪問演奏

ボランティア

更新日 2018/12/03

 お問合せ

東京フルトヴェングラー研究会管弦楽団について

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

印は必須項目です。

お名前

100文字以内。

メールアドレス
お問合せ内容

1000文字以内。

あなたの自己紹介のページを相手の方にお知らせします。
自己紹介を登録する

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。この後のやりとりは直接お願いします。

都道府県

    

このサイトは Internet Explorer には対応しておりません

         
【このメッセージが表示された方へ】
あなたが今お使いの Internet Explorer はセキュリティ問題と表示の不具合のある古いブラウザです。
このブラウザですと、オケ専♪へのログインやお問合せなどがご利用いただけない場合がございます。
安全上の問題や、快適性も考慮し、お手数ですが、現在主流となっている Google ChromeFirefox 等の最新ブラウザのご利用を推奨します。
    
Chromeのダウンロード
上部へ